顔の上の方にハリを持たせておく

20代の頃は小鼻のまわりの毛穴は気になっていましたが、頬の毛穴は気になることはありませんでした。しかし、30代になったころから頬の毛穴が気になりだしました。その毛穴はなにかが詰まっているという感じではなく、細長く開いている感じなのでたるみが原因だということがわかりました。

私の頬の毛穴のたるみのケア方法は、とにかく乾燥対策をすることです。夜スキンケアをした後や朝化粧をした後には、毛穴の開きはあまり目立ちません。しかし、時間がたつにつれて乾燥してくると毛穴が目立ってきます。もともと私が乾燥肌だということもありますが、乾燥することにより毛穴が開いてくるのだということがわかり、とにかく保湿をすることを心掛けています。

長時間潤いが保てるように保湿力の高い化粧水、乳液、クリームを入念に塗り込みます。全体に塗り込んだ後には、ほうれい線のあたりから頬を通りこめかみのあたりまで上方向にやさしくマッサージし、たるみを改善するように意識しています。また、目のまわりやこめかみなど顔の上の方にハリを持たせておくことによりたるみを抑えられるのではないかと思い、目元より上の方を重点的に保湿するようにしています。

おかげで頬の毛穴の目立ちが減ったように思います。まだ30代前半ですので、これからもっとたるみが気になってくるのではないかと思っています。年齢とともに肌に関していろいろな悩みが出てきますが、正しいスキンケアを心掛け、今の肌を10年後も保てるようにしようと心に留めています。